バスルーム

会話が苦手な方のためのデリヘル求人

スニーカー

会話がうまくできない女性は接客業には向いてないとされがちで、ホテルで二人きりになるデリヘルの仕事も、自分には勤まらないと逃げ腰になってしまうかもしれませんが、そこには風俗ならではの逃げ道があります。まず、デリヘルには様々なコース時間が設けられているので、できるだけ短いコース時間が人気の店で働くようにしましょう。
30分や40分という極短コースでは、どの客も頭の中で、会話なんて良いから早くシャワー浴びてヌキに入って、と内心思っているものなので、余計な会話をしなくても、急いでますという姿勢さえ示せれば、この子は客の気持ちをわかってくれる気遣いのできる良い子だなと、会話をせずとも態度で好印象を与えることができます。時間が短いコースを利用する客は、お金をあまり落とせない客の可能性もあるので、延長させずにフィニッシュさせるために、早めにヌキに入ることができます。
ヌキに入ってしまえば、日常会話など不要で、相手の攻めに喘いだり、気持ちいいかの確認をする程度の会話で済むので、どんな客でもそれに対応した言葉を返す必要がありません。なるべく対面にならない体勢でサービスに及ぶように心掛ければ、適当に喘いでる表情を見られずにプレイに集中できます。プレイ中に使える淫語については、AV女優を参考にすれば、男性を欲情させる多種多様な言葉が見つかりますので、参考にしてみて下さい。